金八先生

ムスメが一晩中、朝になっても帰らず。
学校に電話して事情を話す。

先週から来てません。何度も捕まえて話そうとしてるけど、逃げられてますと。
一番信用しているH先生からの連絡も無視しているそう。
最悪、捜索願いを出しましょうかという所まで話が出た。

折り返し電話が来て、
「ムスメさんと仲のいい友達を使って電話していいですか?」
お願いしますと返事する。

少しして、早い帰宅だったオットから連絡。
先生が家に来てムスメを連れていった と。

夕方、担任から電話。
「ムスメの友達がGPSを使ってムスメの居場所を探し、在宅していることがわかったので、H先生が向かいました。
ムスメは気持ちだけ大人になったつもりでいる。そして、面倒なことから全て逃げることしか考えていない。
とても危ないと思っている。
今逃げてしまうと、大人にはなれないから、なんとか学校につなぎとめたい」

夕方帰宅すると、ムスメは帰宅していた。

H先生に連れ出され、ひたすらドライブをしたと。そして話を聞いてくれた。
「お前はほっとけない」とハッキリ言ってくれた。

H先生、ムスメの居場所が判明した途端、急遽半休を取って我が家に向かってくれたそう。

「あいつだけは裏切れない」

そうだよね。今までの学校の先生は捨てることしか考えなかった。
発達障害があってもそれは単なる自由人としか扱われなかった。
もちろん、全面的にムスメが悪いことばかり。問題から目を逸らして逃げることしかしてこなかったムスメが悪い。
何度も何度も親の躾が悪いと怒ることばかり。

なのに、今の先生たちは親を責めることをせず、ムスメを救うことしか考えていない。
ムスメのために自分の休暇を使ってまでも何とかしようなんて教師に初めて出会った。

ほんとにそれは奇跡。
金八先生は実在した。

ムスメ、一緒にがんばろうね。卒業しようね。


単位落とす

ムスメ、やはり単位落としてました。
授業に出ない、おまけに定期テストにも行ってない教科がありました。
毎日帰宅は日付が変わってから。
バイトには休まず行っているようだけど、それ以外は遊び。
バイトでお金を手にし始めて、全額あっという間に使ってます。
このまま後期で取り返せないと、1年終了時に退学勧告になります。

オットとムスメで今後のことを話し合ったけど、嫌いな友達がいるだのと話を悲劇のヒロインのようにすり替える。これは昔からのムスメの手法。

退学してバイトで一人暮らしをするというばかり。
一人暮らしの準備金はどうするとか具体的な計画はない。

オットは「退学した時点で、家に生活費を入れること、一人暮らしするならその資金を貯めた後に相談してこい」と話していたけど。

話し合った翌日はとうとう帰宅しなかった。
もう、助ける手段が見つからない。

15歳なのに。まだ15歳。

どこにいるのかな。悪い人に捕まってないかな。雨が降ってるよ。
このままじゃコンサータも飲めないよ。
まだ独立するには未熟すぎるよ。

あれだけ手を差し伸べてくれてた先生方を裏切るなんて。


ママ友との飲み会

PTA役員を通して仲良くなった同級生のママ友たちと初めての飲み会。
皆、様々な中学時代を経て、今同じ学校に入学している。

ムスメの中学時代の経歴を話すと「…酷すぎる…」と涙してくれるママ友も。

中学時代も仲良しのママ友たちがいて、よく飲みに行ったり学校のイベントに行ったりしてた。
ほんとに仲が良くて、この関係が高校卒業まで続くものだと思っていた。

突然、ムスメの処分と共にサヨナラしなくてはいけなくて。気持ちが追いついていない。
今でも時々LINEで話したりするけど、「飲みに行こうよ」と誘ってくれたりもするけど、会えないでいる。
だって、子供たちの環境が変わってしまった。同じ学校のママとして仲良かったのに、学校の話題に気後れすると思う。

なので、本当は今の学校でもママ友を作るなんて怖くて仕方がなかった。
また突然退学することになったら、そこで縁は消えてしまう。

でも、今度のママ友は、皆が同じ。なんとか卒業して欲しいって思い。
卒業が当たり前じゃない。
お互い励ましあって、卒業したい。

ちなみに。
私は米津玄師のLemonを聞くと涙が出る。
中3の合唱祭で、ムスメが指揮をした曲。
ひとつひとつが素敵な思い出なのに、その場に残ることが出来なかった悲しさが、曲を聞くと思い出してしまう。

あんな酷い学校だったけど、小学校時代に惚れ抜いて受験して入学した学校なんだもの。
簡単には忘れられない。思い出か多すぎる。
まだしばらくは引きずりそう。


2回目の受診

主治医が変わって2回目の受診。
ムスメが自ら「朝起きられなくて学校へ行けない」と話した。
登校時間が普通高校より遅いため、我が家で家を出るのが1番遅いムスメ。
出勤時に起こしているけど、再度寝てしまうらしい。
バイトもして、その後明け方まで電話をしていたり、遊びに行って帰宅が深夜のこともある。
生活リズムも崩れている。

主治医が提案してくれたのは、『コンサータを起床時に飲む』だった。
コンサータ36mgを服用しているが、朝早く服用すると、バイト中に効き目が切れるのが怖いと言っていた。
ムスメは、コンサータの切れる感覚がハッキリしていて、朝も飲まないと落ち着かないそう。
半量を朝晩に飲もうか?と提案してもらったが、半量では効き目が薄くて怖いと言う。

「今、大切なのはバイトじゃないよ?学校にきちんと通えること。半量が嫌と言うなら、起床時に飲んでちゃんと学校行こうよ」

翌日から、出勤前にコンサータと水を持って起こし、飲ませてから仕事に行くことにした。

出勤後に登校してるかしてないか、わからないのが不安。
ムスメのiPhoneと私のiPhoneを共有させ、位置情報を見られるようにしたけど、すぐに解除されてしまった。
スマホ関係は監視できるように様々なことをしてきたけど、尽く突破する。ある意味凄い。
以前、ドコモショップの人にも「お手上げです」と言われた。
どうやって解除したのかなあ?
親でも敵わない…
監視したい訳じゃないんだけど、色んなところに飛んで行ってしまうムスメだから、心配。


教育相談

学校から連絡を頂き、教育相談を勧められた。
今後、何かあった時に力になれますよと。
早速予約して相談員さんと面談をしてきた。

ほぼ雑談と、ムスメの愚痴。
今までの経緯と、今の悩み。
ムスメへの想い。
たくさんたくさん話した。

「お母さん、大丈夫。これだけムスメさんのこと好きなんだもん。」

心がすーーーっと軽くなった。

学校は好きなのにサボりがちなのと、先生の好き嫌いが激しいことを気にかけてくれて、1番仲の良い部活の顧問の先生に現況を話しておいてくれることになった。
そして、とにかく否定や叱責をすると途端に嫌いになって逃げがちなので、たくさんの先生に構ってもらおうと言ってくれた。

提案してくれたこと。
スケッチブックとたくさんの色のペンを用意する。
その時の気分で好きな色で、話したいことを殴り書きにする。
週に1回くらい。
言葉では上手く伝わらないことも、書くことで素直に書ける。そして、後になって、話し合ったことをスケッチブックを見れば思い出せる。
ワーキングメモリーの低いADHDにはとてもわかりやすいことだと。

凄くいい!やってみよう!!

そして、どんな些細なことでも、連絡が欲しいと伝えた。

またムスメの愚痴でいいから、話に来てーと言ってくれて、飾らない会話がとても楽だった。
たくさんの先生や相談員さんに支えられてる。

翌週、担任の先生から連絡があった。
「午前の授業、来ないことが増えてます。心配です」
えーーーー?!


三者面談

入学して始めての三者面談。
教室まで行く間に何人の先生に声かけてもらっただろう。
まるで友達のように話しかけてくれて、ムスメも友達感覚で話してる。
とにかく先生と生徒の距離が近い!近すぎるくらい!!

部活の顧問の先生ともお話し。
「入学時の資料を読んで、こいつは1人で置いとくとダメだと思いまして。部活に誘いました。面白い子です!」

担任の先生との話では、嫌いな先生の授業はサボる。朝も遅刻が多い。
必然的に単位が危うい教科がある。
中学時代、不登校ではなかったため、基礎学力はできているが、今全く学習をしていないので、あっという間についていけなくなる。

ほんと、よく見ていてくれてる!
自由奔放なムスメをちゃんと理解してくれてる!
パレットスクール、すごい!!

こんなにたくさんの先生に可愛がってもらってるんだから、卒業だけはしなさいよ。先生を裏切ったらだめだよ、とムスメに話した。
わかってくれるといなあ。

私をまた、この素敵な環境から消えさせないで。


主治医変更

中学を卒業したので、通っていた病院は卒業になりました。
引き続き、児童精神科のあるクリニックで対応してもらうことになりました。

初めましての先生は若い男の先生。
とても物腰も柔らかく、今までの経緯も紹介状から理解してくださっていて、コンサータも同量で処方してもらうことになりました。

病院に通い始めた頃は、コンサータも飲まない事が多かったけど、今は飲まないと不安なんですって。

まだ、家族のお金を盗る衝動性は減ったものの、お金に困ると盗ってしまうことがあるので、お金の使い方も気をつけていかないと。
アルバイトを始めたので、収入はあるものの、貰ったら即使ってしまうんですよね。

以前は、それを咎めると逆ギレしていたけど、今は「ごめん」と謝ることが増えている。
少しずつ、変わっている気がする。


少しだけ成長?

ムスメ、高校入学後初のカウンセリングの予約をすっ飛ばす。

部活の後、行くはずだったのに、来てませんとカウンセラーさんから連絡。
ムスメには連絡つかず。
カウンセリングは、警察の管轄で行ってもらってるものなので、すぐに「捜索願いだします!」と警察からも連絡を頂くという大騒ぎ。

多分、怒られるのが嫌で、電話に出ないだけだと思います。
と告げ、捜索願いまでは出さずに済んだ。
「警察が動いたとわかると、本人はカウンセリングに来たくなくなるので、言わなくていいですよ」と言っていただき、予約を取り直してくれた。

夜9時頃、ムスメ帰宅。
怒らないように、「大人達はあなたを助けようとしてくれてる。今関わってる大人はあなたを裏切らない。あなたが裏切ってしまうと、もう誰も助けてくれなくなるよ?」
と話した。

思ったより落ち着いて話を聞いてくれて、中学時代なら話も聞かずに逃げてたなーって。

少しだけ、成長したのかなあ?


母ちゃん、PTAやる!!

入学式の日は、親は戦々恐々。
なぜなら役員決めがあるから。

でも、ワタシは決めてた。3年間役員やる。
もう、先生に嫌われたくない。先生と近い位置にいて、ワタシの思いを知ってて欲しいし、先生の思いをちゃんと知っておきたい。

役員決めで、シーーンとなってる中、手を挙げるのは勇気が必要だった。
「・・・やります」
注目浴びるよねーーーーー!

好きな部を選んでいいよと先輩に言われ、「本部やります」

副会長になりました♡

元々、小学校時代にも本部副会長やってたので、まあ、なんとかなる・・・かな?

で、無事に総会が終わりました。
特に何もしてないんですけどね?
あ、閉会の挨拶しました。
資料作りや段取りはほぼ渉外の先生がやってくれるので、高P連なんかの集いに分担して参加すればいいらしい。
同じ学年のお母さん達とも仲良くできそうで、のんびり役員活動しながら、ムスメを見張ります。

そうそう、ムスメの退学問題で、中学と連絡を取って入学まで段取りしてくれた副校長先生とお話ししました。
「学校生活、楽しんでるようですね。不安なことがあれば、いつでも電話してね」って。
ありがたいです!!


高校入学

単位制定時制高校に入学した。
服装も髪型も自由なので、卒業が確定した時に、ワタシが髪を染め、ピアスを開けてあげた。
抑圧されてた中学生時代。
もう、自由でいい。髪型や服装で偏見を持つ人はいない学校。
高校の先生が「最初は気合入れてくるんですけどね。そのうちジャージで登校するようになりますよ」って。
規則で縛られるから、破りたくなる。規則がないと、服装なんてどうでもよくなるんだって。
その考え、いい。すごくいい。

高校は、たくさんの問題を抱えた子が集まる。
持ち前のコミュニケーション能力で、あっという間に友達を作ったムスメ。
そして、突然陸上部に入部した。
顧問の先生が「お前は暇な時間があるとダメ。とにかく走れ」と誘ってくれた。
ムスメの1~2年の担任の先生も、同じこと言ってたなあ。
3年になって担任が変わって、あっという間に追い出されたんだ。
陸上なんてしんどいことは絶対やらない子なのに。
毎日走ってる。
すごいこと。

そして、バイトを始めた。
自分のお金で稼ぐことを知ったほうがいい。
あなたが何度も親のお金を盗ったこと、バイトをすることで間違ったことだったと感じてほしい。

ムスメは確実に前を向いてる。今はひたすら応援しよう。