私立中学退学問題①

中1の秋に、ADHDの診断が出てから、学校からは「大丈夫です」と言われてた。
ムスメは家のお金を盗むことが増え、反抗期もあり、手がつけられなくなってきていた。
何度も何度も、学校に相談してきた。

年明けに職場に監査が入ることになり、普段の看護業務が終わってから、書類整理をしなくてはならず、その頃の帰宅時間は21時になっていた。それほど激務な中だった。
「学校に来れますか?」と何度も連絡が来るようになったが、どうにもならない。
やっと、年末の29日に休みが取れた。

12/29
学校へ出向き、ムスメの悪事をひたすら詫びた。
携帯電話もクレジットカードで購入していたようで、請求額はものすごいことになっていた。
クレジットカードで購入したカラーコンタクトを、友達が欲しいと言ったので、譲ったという事実も出てきた。
一通り、ワタシの話を聞いた後、おもむろに学年主任から言われたのが

「進級も危ないかもしれません。15日に中高臨時職員会で決めます。
始業式は自宅待機で、翌日から生活指導をするので、登下校の付き添いしてください。」

監査直前、仕事を休むことがどうしてもできない。送迎は祖父母でもいいのでしょうか?
「もちろん、問題ないです」

先生、うちのムスメの処分の理由って具体的に何ですか?
「・・・・校則違反・・・ですかね」

大変なことになった。と同時に、具体的な理由がないんじゃないの?

ムスメには帰宅後、この状況を話した。
ムスメも流石に観念したのか、クレジットカードを返してきた。
12月半ばにあった内部進学判定は、問題がなかった。
何度も何度も、ムスメも先生に聞きに行ってた。
「あなたは成績は普通なので、進学できます。」と言われていた。
あれから2週間しか経っていない。いったい何が・・・?


カウンセリング開始と問題勃発

3年の2学期。
ムスメは、反抗が強くなっていた。
みんなが持ってるスマホがないというだけでも、イライラはMAXだったと思う。
時には、ワタシの古いスマホを盗みだし、隠れて家のWiFiに繋いで使ってることもあった。見つける度に取り上げた。

今の担任になってから、保護者会の度に呼ばれることが多くなった。
ワタシは家での様子を包み隠さず話した。
どうしたらいいかわからない、やれることは全部やってる。たくさんSOSを出した。いい知恵があれば教えてください。助けてください。
そう話した。
担任が唯一アドバイスしてくれたのは、笑いながら、「家中に監視カメラを仕込め」だった。
年頃のアニもいるのに、家中に監視カメラのある生活なんて、それだけはできなかった。
その頃から担任がムスメを名前で呼ばず、「あの子」と呼ぶようになった。

ムスメの家の中の盗癖を何とかしたくて、県の発達障害センターに相談をしてみた。
警察の少年サポートセンターに繋げてくれた。
そこで、今までのことを全部話した。やはり、家の中での盗癖は、ADHD特有のものだった。
ムスメの発達障害の数値を見て、衝動性が高いので、それをコントロールする必要があると教えてくれた。
今後、臨床心理士さんが、ムスメのカウンセリングをしてくれることになった。
親のカウンセリングも始まった。
本人もカウンセリングは行くというので、学校にも伝えた。

そして、年末、大変なことが起きる。

ムスメがオットのクレジットカードを盗んでいた。
オットは普段、クレジットカードを使う生活をしておらず、そのクレジットカードも以前に店から作らされてしまったもの。タンスの奥に置いていたことさえ忘れていた。
そのことも、学校へ伝えた。

その後、連日何回も、担任からワタシの携帯電話に電話が来るように。
クラスの友達に聞き取り調査をしているらしく、新たな情報が入る度に電話が来た。
「あの子、お友達の前でもクレジットカード使ってますよ?!」
「あの子、カラコン大量に買ってますよ?!」
「あの子、学校は帰りにマックへ行ってますよ?!」
「あの子、学校帰りにカラオケに行ってますよ?!」
仕事中どうしても電話に出れないと、出るまでかけてきた。何度も鳴る着信音と、キンキンと金切り声で喚く担任の声が、心底キツかった。
我がムスメは、いつから名前が「あの子」になったのだろうか。


PTA役員

ムスメの学校は、地区ごとの会がある。
年に数回集まり、お食事をしたりする。
この会で知り合ったママさんたちととても仲良くさせてもらってた。
時には一緒にお酒を呑み、楽しく過ごさせてもらってた。
この会の役員を、中2から引き受けていた。

中学3年になり、クラス役員決めをする時に、仕事が現在激務なこと、地区の役員をやることを理由に、今年度はお断りしたいと申し出た。
クラスのお母様の1人に「そんなことは役員をやらない理由にはなりません!」と言われてしまった。
去年までの担任は、役員免除をしてくれてた。
今年の担任は黙っているだけ。
心がすっかり折れて、くじを引いたら当たってしまった。
なんて弱い自分!!!
まあ、仕方ない。平の役員なら何とかなるかもと思い、引き受けた。

その後の役員の集まりで、所属する部の学年代表になってしまった。
蓋をあけてみれば、同じ所属の人は皆、出なくていいと言われてなった人ばかり。(クラスによって、役員は名前だけでいいですと言うところもあったらしい)皆が出ない訳にはいかず、1人で役員活動をこなす羽目に。
そして、学年委員長の役割までも。
学年主任から、「ここはあなたがやるべきじゃない?」と言わんばかりの熱い視線を頂き、迷惑をかけまくってるムスメのことを思うと、引き受けるしかなかった。

役員をできませんと申し出たのに、結局2つの役員を引き受けることに。
でも、少しでも先生達に恩返しがしたくて。

お察しの通り、夏までに役員活動で有給使い果たした…
仕事&役員で、死ぬほど忙しかった。

そして、秋になり、保護者会の後の茶話会のお菓子やお茶の手配、皆が談笑してる間と黙々とゴミの片付けや会計報告を1人でこなした後に、後出しの先生からの一言。
「学年委員長は卒業式の謝辞と決まってますので。よろしく」
そういうのは、役員引き受ける時に普通言いませんか?


スマホ依存

今どきの中学生は、ほとんどが持っているスマホ。
ムスメはスマホにも依存していた。
寝るときはリビングで充電というルールもほとんど守らず、部屋にこもってスマホを触っている。

ムスメはあるアイドルにも夢中になっていた。
内緒でチケットを取り、親のお金で支払い、ライブに行く。
どんなに怒っても、反抗期もあって素直に聞き入れることはなかった。

ある時、学校から連絡があり
「チケットを無理やり買わされそうになっている」
と同級生の親御さんから連絡があったことを伝えられる。

詳しく話を聞くと・・・
ムスメが余分に取れてしまったライブがあり、行かないか?と持ち掛けられた。
その子は「行く」と返事をしたため、ムスメは入金した。
その数日後、その子は「親に言ったらだめと言われたから、行かない」と返事。
ムスメは、すでに入金しチケット化してしまったため、「半額でいいから払ってほしい」と言ったそう。
その子の親の言い分としては、行かないチケットのお金を払わされるなんて!とお怒りとのこと。

ムスメが悪いのは百も承知。
取れてしまったチケット、行く人がいなかったらどうすべきか、親に相談しなかったムスメが悪い。
お金が絡むことを、子供だけでやってしまったことが100%悪い。

えーっとね。
ワタシもオタクなので、チケット問題、よくわかる。
行くと言ってやっぱやめたから、あとは知らんよ?は正直ありえん。
まあ、子供のやることだから、細かく言わないけどさ。

相手の親御さんの言い分を全て飲む形で、解決した。
お金が実際動いたのかもわからず、言い値で返金した。
そして、過去にムスメが遊びに行ったときに使わされたお金の返金も求めてきた。
全て先生を通してお返しした。

ムスメが普段から学校でも問題児なので、先生から言われた通りにするしかなかった。
「いやいや、それは!」なんて言えなかった。
もう、常に学校に対しては謝罪の日々だった。言い訳なんか絶対にしちゃだめだと思ってた。

そして、スマホに依存しているようなので、取り上げてほしいと言われ、ムスメに黙ってスマホを解約した。
これが悲劇の始まりだったんだ。


担任が変わる

中学3年になり、担任が変わった。
1~2年生は同じ担任で、とても細やかにムスメを見てくれていた。
今までの担任は「ムスメさんは暇になると悪さをするので、わざと係や委員会など多くの仕事をしてもらってます。とても頑張ってくれてます」と言ってくれる先生。その先生が顧問をしている委員会へ入り、部活が縮小化してヤル気をなくしたムスメの居場所を作ってくれていた。
高校生に混じって、夏合宿にも連れて行ってくれた。
先生はよく、ムスメと話をしてくれていた。
ムスメも、先生のことは大好きだった。

新しい担任は発達障害の指導経験者だという。志願してムスメの担任になってくれたそう。
ただ、過去に生徒を追い込みすぎて、鬱にさせたことがあり、それからは生徒に無関心になっていると、ママ友が教えてくれた。
一抹の不安はあったけど、発達障害を持っている以上、常に迷惑をかけるであろうから、今までの盗みの経緯もお話しておいた。
「大丈夫ですよ!前担任から聞いてます。私は発達障害の子を見てきましたから。問題ありません」


お金が財布からなくなる時

一番困るのが、レジで会計をする時に気づくこと。
あるはずのお金が財布に入ってないから、焦る焦る。
カード払いで誤魔化すけど、心中穏やかではない。

入れて置いたはずのお金がない。
「ワタシ、使っちゃった?入れたと思って入れ忘れた?」
頭の中、グルグル。
家族に聞いても当然、「知らない」しか返ってこない。
何度も何度も同じ場面があった。

財布を隠しても、見つけ出す。
金庫を用意しても、鍵を盗んで暗証番号があっても、何故か開けてしまう。
毎晩、財布の中身がいくら入ってるか確認して、枕の下に入れて眠る。
それでも朝起きると、なくなっている。
「財布を目につくところに置くのが悪い」
そう言われて、必死に隠してた。
トイレにいってる時、お風呂に入ってる時、寝てる時、少しの隙をついて盗まれてた。
隠す?隠すってどうするの?誰か教えて。

何に使っているのか…
大量の文房具、大量の漫画本、大量のお菓子とジュース。
ムスメの部屋には大量のものが転がってる。
もはや、病的と言っても過言ではない。
これが、ADHDなのか。
発達障害というくらいだから、一生治らないのだろうか。
このままでは、我が家は生活できなくなる。
ムスメの学費とお小遣いのために働いてるようなもんだった。
お金を盗られるから、今月も残業しなくちゃって、仕事中心の生活。ちっともムスメと向き合う時間がない。
主治医にも、学校の先生にも、たくさん相談した。
建設的な答えはもらえない。

他にもありとあらゆる所に相談した。

母親がちゃんとしてないから。
母親の躾がなってないから。
金銭の管理をちゃんとしてないから。

何度も言われた。いいという方法はなんでも試した。
でも、何も変わらない。
ワタシ1人でずっと悩んで悩んで、誰にも手を差し伸べてもらえなかった。


ADHDの治療が始まって

ストラテラを服用し始めたムスメは、頭痛に悩まされ、すぐに飲まなくなってしまった。
劇的な効果は出ず、コンサータに切り替えた。
少量から始め、体重に合わせた量へ増量していった。

しかし、中学生。思春期であり、反抗期に入り、親の言うことなど素直に聞いてくれない。
内服薬も面倒がって飲まないことも。

内服治療が始まれば、何かが変わると信じていた。
ワタシも家族も。
でも、何も変わらない。相変わらず盗まれるお金。
主治医に相談しても、薬を飲むしかないと言われる。
ワタシはまた追い詰められていた。

ムスメのお金の盗み方は非常にわかりやすい。すぐにばれる。
行き当たりばったりの考え方で盗むから、ばれないようになんて頭はないらしい。
ばれて怒られると、部屋にこもる。そして数日学校も行かない。
何を話しかけてもきつい目で睨んで黙り込むだけ。
担任の先生も、何度も連絡をしてきてくれる。
「オヤノシツケガワルイ。オヤガワルイ」
申し訳なくて、そう思われても仕方がない。
学校に行くたびに、先生に話しかけるようにした。
「何か悪いことしていませんか?先生にご迷惑をかけてませんか?いつも申し訳ございません」
あとから思えば、いつも先生に自分から謝ってた。
家では反抗的なムスメだけど、学校で見るムスメは、すごく楽しそうでいつも笑ってた。
先生も「いろんなこと頑張ってますよ」と答えてくれる。
その言葉を信じてしまってたんだ。


ADHDと診断

市の子育て相談から紹介された小児科へ予約を取り、受診。
1時間ほどムスメとワタシから話を聞いてくれ、「幼少期の集団生活に問題がなかったようなので、確定できないけど、発達障害の疑いがあります。詳しく検査をしましょう」と、大きな病院へ紹介してくれた。

大きな病院は、初診の予約が2ヶ月待ち。
その間も何度もお金を盗まれ、やっと初診になった。
心理テストと発達テストを行い、結果が出た。

ADHDと判明。
ワーキングメモリーの少なさ、処理速度の高さ。
物事の見方が偏り、考えることが苦手。
思いついたことをやっている。
実践しながら修正し、行き当たりばったり。

家の中の盗みは、ワタシの母親としての教育だけが原因じゃなかったんだ。
すごくすごく、ホッとしたのを覚えてる。

ストラテラ、コンサータの内服薬で治療を始めることになった。

そして、学校には、ADHDのパンフレットと、現在の状況を伝えた。
「発達障害の子はたくさんいます。問題ありません」
そう言ってもらえて、すごく嬉しかった。


中学…盗みが止まらない

私立中学に通いだして、毎日都会へ出るからか、プチお嬢様学校だからか、お金を使う頻度が増えていった。

お小遣いを月に3000円と設定したけど、あっという間に使ってしまう。
そして、小学校からの悪事…家のお金を盗むことが増えていった。
それも、段々金額が大きくなり、万札が消え、生活費が消え、生活に影響が出るように。

お金は手の届く所に置かない方がいい。

金庫を買った。
あっという間に破られた。

何度も怒った。何度も話をした。お金は簡単に手に入るものではないこと。パパもママも必死で働いて手にしていること。泣いて頼んだこともある。もう盗まないで。

ムスメには何も響かず、家中、ピリピリとし、ムスメの管理ができない母親のワタシに非難の目がくるように。

誰か助けて…
藁をも掴む思いで、市の子育て相談に連絡してみた。

「障害があるかもしれません。調べましょう」
そう言ってくれ、ある小児科を紹介してくれた。


私立中学入学

入学してから、ムスメは生き生きしてた。

頭も素行も悪いのに、空気読まずに率先して仕切りたがるムスメにとって、私立中学はパラダイスだった。

今までは仕切りたがりを発揮すると、先生からのお気に入りの頭のいい子たちに疎まれたりしてたから、同レベルの中での仕切りたがりは、重宝してもらえた。
担任の先生は「やりたい気持ちを大事にしたい」と言ってくれて、早速学級委員になってた。
女子校なので、男子の目がない分、女の子同士キャーキャー楽しそうだった。
授業参観に行くと、今まで見たこともない笑顔のムスメがいた。

この学校に入れて、本当によかった。

ただ一つ。
入学前から、中高6年間ある部活に入りたいと願って入学したのに、その部活は中学までで、規模が縮小され、指導者も不在になってた。
小学校1年性から6年間習ってきたことが、あと3年しか続けられなくなる。
部活もこの学校を選んだひとつだったので、入学してからの告知に違和感があった。