私立中学退学問題⑩

受験まで、週一回程度しか来なくていいと言われていた。
登校しても、勉強を教えてくれるのは、元担任と隣のクラスの担任だけだった。
後は自主勉強。

午後からは毎日塾に通い、ムスメは初めて「勉強が楽しい!わかる!」と喜んでいた。

そして、きっちり三学期の授業料23万は引き落としされていた。
授業なんて、受けてませんけど?

そして受験日がやってきた。
実は、小学校時代の仲の良かった友達も同じ高校を受験することになり、ムスメはかなり心強かったよう。
受験日は、朝から雨だったが、お友達の親御さんが、車で送ってくれた。
自己採点では、まあまあだったようで、不登校が多く受験する中、点数的には問題なさそうだった。

受験が終わり、卒業証書授与についてどうするか考えなくてはならなくなった。
ある先生は、ムスメに
「犯罪を犯した訳でもないんだから、卒業式くらいは皆で出たいよね?」
と言って下さったが、担任は
「もう戻る場所はない。個別で授与するけど、あなたのお母さんはもう学校に来たくないみたいだから、郵送でもいい」
と言った。
どうしても母親の悪口を言わなきゃ気が済まないらしい。

そして発表。
定員割れ&ほぼ全員合格と言われている単位制定時制なので、楽観視していた部分もある。
ムスメから朝一番に「受かったよ」と連絡を貰っていたが、仕事が立て込んでいたため、直ぐに学校に報告ををすることはできなかった。

また、鬼のような電話の嵐。メールの嵐。
仕事がひと段落した11時頃、学校に連絡をした。
担任は不在で、教頭が電話に出た。
合格しました。
卒業証書授与に関してですが、担任より、郵送でいいと言うので、郵送でお願いします。

少しして、担任から折り返し電話。
「朝からずーっと報告を待っていたんですけど!普通は直ぐに連絡しますよね?
卒業証書は郵送でと言いますけど・・・」
言葉に被せて、郵送でいいです。
と何度も言ってみた。

またすぐに、主任から電話。
「郵送って言ってますけど、なんなんですか?登校禁止の解除通知を出してあげます。卒業式の翌日に。こちらは卒業式の後に個別に設定してあげてもいいって言ってるんですよ。」
担任から郵送でいいと言われたので、それでいいですと話しただけです。
「わかりました。職員で協議します。あと、もう学校には来なくていいですから」

協議って、この期に及んで退学処分とか言い出しそうだなあ。
ということで、弁護士さんに相談。
ワタシが対応すると、喧嘩越しにされてしまうため、オットが連絡することに。
するとどうでしょう!
「わかりました。郵送させていただきますね♡」
٩(๑`ȏ´๑)۶ムカー

3月は発表の前に1度登校したきりになってしまった。
叱責ばかりの個別登校。
よく頑張ったね。