教育相談

学校から連絡を頂き、教育相談を勧められた。
今後、何かあった時に力になれますよと。
早速予約して相談員さんと面談をしてきた。

ほぼ雑談と、ムスメの愚痴。
今までの経緯と、今の悩み。
ムスメへの想い。
たくさんたくさん話した。

「お母さん、大丈夫。これだけムスメさんのこと好きなんだもん。」

心がすーーーっと軽くなった。

学校は好きなのにサボりがちなのと、先生の好き嫌いが激しいことを気にかけてくれて、1番仲の良い部活の顧問の先生に現況を話しておいてくれることになった。
そして、とにかく否定や叱責をすると途端に嫌いになって逃げがちなので、たくさんの先生に構ってもらおうと言ってくれた。

提案してくれたこと。
スケッチブックとたくさんの色のペンを用意する。
その時の気分で好きな色で、話したいことを殴り書きにする。
週に1回くらい。
言葉では上手く伝わらないことも、書くことで素直に書ける。そして、後になって、話し合ったことをスケッチブックを見れば思い出せる。
ワーキングメモリーの低いADHDにはとてもわかりやすいことだと。

凄くいい!やってみよう!!

そして、どんな些細なことでも、連絡が欲しいと伝えた。

またムスメの愚痴でいいから、話に来てーと言ってくれて、飾らない会話がとても楽だった。
たくさんの先生や相談員さんに支えられてる。

翌週、担任の先生から連絡があった。
「午前の授業、来ないことが増えてます。心配です」
えーーーー?!